神奈川・藤沢・鎌倉・茅ヶ崎・湘南地域で顔のシミ(しみ)取り・肝斑治療をするなら、個人美容外科・形成外科・美容皮膚科のヒルズ美容クリニック

藤沢シミLABO

美容クリニックが発信する「シミ情報サイト」

シミの基礎知識

トップページ > シミの種類

シミの種類

老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)

中年以降に顔、手の甲、腕、背中など日光にあたる部位にできる円形状の一般的なシミです。大きさは小さなそばかす状のものから、大きなものまであり、その濃さも様々です。 表皮細胞の光老化に伴い発生しますが、紫外線を浴びることにより出現するため、予防としては若年のころからしっかりと紫外線対策をすることで防ぐことができます。

老人性色素斑

脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)

高齢者など、中年以後の顔などに多く見られる少し盛り上がった茶色~黒色のシミです。色味や、大きさは数mmから2~3cmくらいと様々です。わずかに盛り上がり突出したしこりになるものもあります。シミと混じって出現することが多く、最初シミだったものが盛り上がって脂漏性角化症となることもあります。レーザー治療により、除去することができます。

脂漏性角化症

雀卵斑(じゃくらんはん)

いわゆる「そばかす」のことで、直径5mmまでの小さい色素斑が、まぶた、鼻梁(びりょう)など日光によくあたる顔面部分に多数現れます。3歳ごろからみられますが、思春期に著しくなります。また、春から夏にかけて目立つようになり、秋から冬にかけて目立たなくなります。色白の人に多くみられ、遺伝性があります。色素斑の部分では皮膚の色素細胞が大型化し、メラニンが増加しており、紫外線を浴びることでさらに悪化します。紫外線には極力当たらないよう気をつけて、ビタミンC、ビタミンEの内服や外用薬、またはレーザーやケミカルピーリングが効果的なことがあります。

雀卵斑

太田母斑(おおたぼはん)

目の周囲を中心に、ほほや額、鼻などに出現する青色調からやや褐色のアザです。とくに女性に多くみられ、生まれつきの場合と、小児期や思春期に出現し、目立つようになる場合があります。治療法としては、ドライアイスを当てる、薄く削るなどの方法がありましたが、近年ではレーザー治療が一般的とされています。特にQスイッチルビーレーザーが有効です。

太田母斑

炎症性色素沈着(えんしょうせいしきそちんちゃく)

皮膚に何らかの炎症が起きた後に生じる赤茶色の跡のことです。 虫刺されや、火傷、ニキビ、皮膚に強い摩擦が起こった跡などに生じます。半年ほどで 自然に薄くなり消えていきますが、早く消したい場合の治療法としては、トレチノインクリーム、ハイドロキノンクリーム、レーザー治療が一般的です。

炎症性色素沈着

  • フェイスリフトWEB
  • 目の下の脂肪・クマ・たるみ.COM
  • 二重まぶた専用サイト
  • 傷跡修正
  • ヒルズ美容クリニック
  • 女性の薄毛